口コミ評価の高いイクオスで、脱毛の原因となる「乱れたヘアサイクル」を整える大切さ!

口コミ評価の高いイクオスで、脱毛の原因となる「乱れたヘアサイクル」を整える大切さ!

MENU
RSS

口コミ評価の高いイクオスで、脱毛の原因となる「乱れたヘアサイクル」を整える大切さ!

口コミ評価の高いイクオスで、脱毛の原因となる「乱れたヘアサイクル」を整える大切さ!

口コミの評価が高いイクオス

 

ミノキシジルを超える育毛成分として注目をされているM-034。海藻類から抽出されるエキスと天然由来なので、副作用の心配もほとんどなく安心して使用できると言われています。そんなM-034を含む育毛剤はいくつもあり、イクオスもその一つです。ただ、他の商品よりも口コミの評価が高いのは事実、他と何が違うのでしょうか。まずは価格です。単品購入でも1万円を切る値段ですし、定期購入にすれば送料無料で6千円ほどという低価格で購入できるのです。育毛はじっくりと継続して取り組むのが基本ですから、お安い値段で続けられるのはかなりのポイントです。このように続けやすい値段設定が選ばれる理由の一つですが、もちろんそれだけではありません。なんといっても発毛の効果が高いからです。イクオスにはM-034という育毛成分が含まれていますが、実はそれだけではないのです。

 

センブリエキスやグリチルリチン酸2Kなどよくある育毛剤と同じような成分はもちろん含んでいますし、注目すべきがAlgas-2です。これはM-034とペルベチアカナリクラタエキスの2つのエキスを配合したエキスです。M-034は言わずと知れた海藻由来の発毛成分です。一方のペルベチアカナリクラタエキスというのは何かというと、こちらも海藻から抽出されたエキスです。厳しい環境で生息する保水力に優れた海藻のエキスです。この強い生命力を発毛に生かそうというわけです。これだけでもすごいのですが、それ以外にも発毛にうれしい海藻成分が含まれています。それがスサビノリエキスです。含まれる海藻多糖成分ポルフィランにはヒアルロン酸かそれ以上の高い保水力があると言われていることから、強い毛に導く効果が期待されます。

 

3つの海藻由来の成分の相乗効果で、乱れた頭皮環境を整えて発毛へ導いてくれるのです。さらにすごいのがその浸透率です。育毛剤は基本的に頭皮につけて使いますが、つけたものがすべて浸透はしません。ちょっと考えればわかることですが、つけたものすべてがすっかり浸透するような頭皮では、頭皮に害となるものでも浸透してしまい、大変な打撃を受けることになってしまいます。そうならないように頭皮にはバリア機能があり、ちょっとつけたくらいでは内部まで浸透しないような作りとなっています。そのためほかの育毛剤を使ってもいまいち効果が実感できなかったのです。頭皮のバリア機能に阻まれてせっかくの有効成分も毛包に到達しないのでは意味がありません。そこでイクオスがとった策が低分子化です。低分子ナノ水にすることで有効成分がしっかりと頭皮に浸透し、毛包まで届けられるようになったのです。それだけではありません。使い勝手もいいのです。ダイレクトジェットノズル型なので使う量がわかりやすいですし、液体が広がらずピンポイントに使用できます。さらに衛生的でもあるのです。

 

有効成分が多数配合され浸透率も良い、しかも使い勝手もすぐれている育毛剤ですが、もちろん1日やそこら使っただけでは効果は実感できません。1本使い切っても思ったような効果がなかったとやめてしまう方がおられるようですが、これは自分の体質に合っていなかったわけではありません。薄毛になる原因を考えてください。昨日まではふさふさでいきなり朝起きたら薄毛になっていたという方はまずいらっしゃらないでしょう。徐々に進行していくものですから、それを解消するにはそれ以上の日数がかかることは初めから理解しておきましょう。使用には個人差があって1週間ほどでも効果を実感できるケースもありますが、それはまれなことです。少なくとも半年は継続する覚悟で始めることです。

 

 

育毛には薄毛進行の理由を知るべし

 

なぜ薄毛になるのでしょうか。男性の場合、よく言われるのがAGAと言われる男性型脱毛症が原因と答える方が多いでしょう。DHTの過剰発生によってヘアサイクルが乱れることがその原因とまで知っている方もいるでしょう。でもヘアサイクルとは何なのか、詳しく知っていますか。
これは毛の生え代わりのサイクルです。毛は生えてから成長しきって抜け落ち、また生えてきます。ヘアサイクルは毛がどんどん伸びる成長期、成長が終わって抜け落ちるのを待つ退行期、毛が抜け落ちて次の発毛までの準備期間の休止期、大きく分けてこの3つに分かれます。サイクルが乱れるといいますが、これが全体的に乱れるのではなく成長期が乱れるのが問題なのです。本来であれば毛髪の場合、成長期のサイクルは4から6年といわれています。つまり4から6年かけてしっかりと成長してから抜け落ちるのが本来ですが、これが何らかの理由で早く抜け落ちてしまうことが薄毛の原因なのです。毛が薄くなっている部分をよく見てください。毛の本数が減っているわけではなく、生えている毛が細く弱いものになっていることがわかるでしょう。

 

この状態であればまだ発毛の可能性はあるので育毛生活に取り掛かるべきです。ただ、本当に産毛すら生えていないツルツルの状態になってしまうと、毛の生える種のようなものもなくなってしまっているので、残念ながら育毛剤では生えてこない可能性が高いです。そうなってからでは手の打ちようがないので、育毛は早め早めの対策が必要なのです。イクオスにはM-034をはじめ様々な有効成分が含まれています。アミノ酸、M-034、センブリエキス、スサビノリエキスなどが成長期の毛にしっかりと働きかけて細胞分裂を促して太く強く成長するための手助けをします。ボタンエキスが長くなった休止期を短縮させ、クワエキスが発毛を促すのです。もちろん発毛を阻害すると言われるDHTの過剰発生も抑えますし、発毛のための健やかな頭皮環境へ導くような成分も多数含まれています。

 

こういった成分の相乗効果によって乱れたヘアサイクルが正常化し、発毛へとつながるのです。ただ、乱れたサイクルが正常化する過程でいったん抜け毛が増えることがあります。サイクルが乱れている毛がいったん抜け落ち、正しいサイクルで生えてくるためです。これを成分が自分に合っていないと勘違いして途中でやめてしまう方がおられます。頭皮にかゆみや炎症などのトラブルがないのに初めの2週間ほど抜け毛が増えたなら、それは初期脱毛といって乱れたサイクルが正常化する上で通る過程であることは知っておきましょう。効いている証拠ですからここでやめてはもったいないです。育毛剤を使うことでサイクルが正常化すれば、ふさふさの髪に戻れるかもしれません。ただ、ここで注意したいのが普段の生活態度です。

 

いくら優秀な育毛剤を使っても生活態度が適当ではその効果も思ったように得られません。髪が生えるために頭皮から有効成分を入れるのももちろんいいですが、育毛のための成分は普段の食事からです。食事でとった栄養素が血液を通じて頭皮の毛細血管に到達し育毛へとつながるのです。育毛によい食品を食べるというよりも、とにかく栄養バランスを気にするといいでしょう。またタバコはできればやめましょう。肺がんや肺気腫のリスクを高めますし、活性酸素を大量に発生させるので老化現象を推し進め、薄毛の進行に繋がります。それと注意したいのが睡眠の質です。細胞分裂は主に睡眠中に行われると言われているので、良質な睡眠を心がけましょう。長時間でなくてもいいのでとにかく熟睡できるような睡眠環境を心がけることです。